シマムラレコード(SHIMAMURA RECORDS・シマレコ)公式サイト

シマムラレコード(SHIMAMURA RECORDS・シマレコ)は、全国展開を行う総合楽器店「島村楽器」が全国各地の店舗周辺で活動するミュージシャンを応援することを目的に行う、アーティストサポートサービスです。

TURN BACK FRIDAY

f:id:shimastaff-08:20181127131910p:plain
仙台を中心に活動する、Vo/Gt.藤沢大也、Ba.阿部竜也、Gt.二瓶凌、Dr,齋藤武慶の東北出身4人で結成された、4ピースバンド。
ほとんどの楽曲の作詞・作曲を担当するVo.藤沢大也の、ストレートで熱量のあるヴォーカルと、等身大の苦悩や想いを詞にした「歌」、結成当初からVo.藤沢大也を支えてきたオリジナルメンバーBa.阿部竜也の、歌に寄り添うような的確なベースライン、今年正式加入した、Gt.二瓶凌のテクニカルな演奏力に裏付けされた「聴かせる」リードギター、同じく今年新加入Dr.齋藤武慶の3人をしっかり支える抜群の安定感を見せるドラミングと、4人が魅せる高いパフォーマンスは、数多くの人の心を揺さぶっている。
昨年のHOTLINE2017で、初の東北エリアグランプリを獲得すると、その勢いのままに2018年、待望の2nd Single「Behind」のリリース&バンド初の全国ツアーを敢行。見事、HOTLINE2018にて2年連続東北エリアグランプリを獲得(全パート部門賞獲得)しジャパンFINALへ2年連続出場を果たす。

結成より数々の経験と苦悩を経て今、
「TURN BACK FRIDAY」は間違いなく一つの全盛期を迎えつつある。

◆BIOGRAPHY◆ -バンド公式HPより転載-
【2015年】
11月9日
 Vo.藤沢が募ったメンバー4人によりTURN BACK FRIDAY結成。仙台を中心に活動を開始する。
12月13日
 長町RIPPLEにて初LIVEを敢行。この日はghostnoteのCDリリースツアー。

【2016年】
・5月26日
この日の公演より会場限定デモシングルを発売。
・10月9日
宮城県気仙沼市にて開催の「サンマフェスティバル2016」に出演。同イベントの共演には、SHAKALABBITS,NAMBA69,MONOEYES,locofrank,HAWAIAN6 等、豪華な面々が顔を揃えた。

【2017年】
・1月7日
会場限定1st Single ""Promise""を発売。これを記念して、リリースイベント""Welcome to Our New World""を開催。イベントは大盛況にて幕を閉じる。
・1月18日
初期メンバー2名が脱退。Vo.藤沢とBa.阿部の2名で活動の継続を発表する。
・10月8日
島村楽器主催のHOTLINE 2017 東北エリアFINALにて、グランプリ/楽曲賞を受賞。日本一をかけたジャパンファイナルへと進む。

【2018年】
・8月11日
新メンバーにGt.二瓶凌、Dr.齋藤武慶の両名を迎え入れる。同時に会場限定2nd Single""Behind""のリリースを発表。それを記念したリリースイベント「Fist Fight Fes Vol.1」、全国8ヶ所を周るリリースツアー「TURN BACK FRIDAY ""Behind"" Release Tour 2018」の開催も決定した。
・9月23日
仙台 CLUB JUNK BOXにて、New Singleの発売を記念した2度目の自主企画「Fist Fight Fes Vol.1」を敢行する。

TURN BACK FRIDAY オフィシャルHP

担当者コメント

「TURN BACK FRIDAY」結成前、前身のバンドからずっと仙台長町モール店をご利用頂いているVo/Gtの藤沢さん。いつも本当にありがとうございます。 昨年のHOTLINE2017ジャパンFINALの雪辱を晴らすべく、新譜2nd Singleレコーディング、レコ発企画、全国ツアー企画と、 音楽に真摯に向き合い、正に全力で駆け抜けてきた彼らの強い想いと、着実に築き上げてきた実力と経験は、 今年のHOTLINE2018東北エリアFINALで見事、各部門賞をほぼ総なめにした結果に全て表れていました! 上記しましたが、バンドとしても個人としても様々な苦難や経験を得て、 過去一番「強い」TURN BACK FRIDAYが見れているのでは無いかと勝手に思っています。 もちろん、ここで止まるわけもなく、この勢いのままどんどん前に進んで行くであろう事は明白です。 微力ではありますが、これからも「TURN BACk FRIDAY」をサポートしてさせて頂ければと思いますので、 引き続き宜しくお願いいたします!
(新郷 力)
島村楽器 仙台長町モール店

オススメアルバム "Behind"

f:id:shimastaff-08:20181127174928p:plain
2nd Single「Behind」 税込¥926
1.Behind
2.Noise
3.After All, I
1曲目、Single表題曲である「Behind」。 疾走感のあるリズムとメロディーに乗せて、 ”Behind”な状況で必死に抗い闘う、 その歌は正に、Vo.藤沢大也の生きる姿勢そのもの。 大サビで叫ぶように歌う、 「~何度独り立たされたって 誰も見向きもしなくたって  傷だらけに輝くような 僕が僕で居られる道を~」 という決意表明にも似た歌詞には、 「独りで戦う」全ての人達の心を揺さぶるのではないかと思います。 2曲目「Noise」 イントロリフから最後まで、Gt.二瓶凌のテクニカルな側面がいかんなく発揮されている、 ギターキッズには堪らないハードロックナンバー。 現代(ネットと言い換えても良いかも知れません)に溢れる顔の見えない様々な大小の「悪意(Noise)」に対して、 「~感情の無い線は すぐに思いの丈を阻むんだ~」と、 歌っているように私には感じました。 ある意味、3曲の中で一番「怒り」の部分、言い換えればパンクス精神の成分が大きいように感じる楽曲となっていて、 正に世相を表した名曲ではないでしょうか。 3曲目「After All,I」 ライブ初披露のバラードナンバー「After All, I」! 勢いだけじゃなく、「聴かせる」事も出来るのはやはりすごいです。 世間と向き合わざるを得ない場面は、年を重ねるごとに増えて行きますが、 やはり「結局のところ、自分」がどうありたいか、という想いにしか、 前を向く糧とはならないという事を教えてくれるような、歌になっています。 「The Back Alley」に続くライブでの定番バラードとなるべくして生まれた楽曲でしょう。

このCDの取り扱い店舗

島村楽器 仙台長町モール店

スケジュール

TURN BACK FRIDAY "Behind" Release Tour 2018
10/6 Sat. 新宿 MERRY-GO-ROUND
10/13 Sat. 前橋 DYVER
10/14 Sun. 石巻 BLUE RESISTANCE
10/20 Sat. 秋田 LOUD AFFECTION
11/3 Sat. 盛岡 ましまし04
11/17 Sat. 大阪 新神楽
11/18 Sun. 福島 Out Line
11/24 Sat. 新潟 GOLDEN PIGS
-Tour Final-
12/16 Sun. 仙台 BIRDLAND